読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃいぶろぐ

楽天、アマゾン、Yahooなどの販売代行、アプリ・システム開発をしているJIVEの日々

【修行】滝に打たれてみた!

f:id:jivejp:20150610193519j:plain

こんにちは。

長時間の電車移動が腰につらい伊藤です。

 

先日、友人と大阪に研修に行きました。

そして友人が言いました。『大阪といえば、吉本・たこ焼き・寺修行!』

 

「ん?」・・修行って言いましたか?

友人は更に続けます。「そ!修行だ!」

 

聞いたこと無いですよそんなこと一回も。

少しホントに?と思いながらも東京経由で大阪入り

f:id:jivejp:20150427193925j:plain

朝の4時に起き6時の電車に乗り込むことに。

そして、友人の言う3大大阪の吉本とたこ焼きをスルーし

 

直で南のほうにある寺に直行。

かなり山深く、そして川はとてもキレイ。

 

寺に着くとそこにはすでに説法の用意がされている。

その話は、僧侶のそれではなく、かなりビジネス寄りなトーク。

 

聞いている感覚としては、説法というよりコンサルに近いものかと。

話は終わり、本堂へ通され30分の座禅の間に1度だけ、あの長い棒で叩かれる。

 

そしていよいよ・・”滝行”となる。

一緒に行った半数は、その『10度たらずの雪解け水』を断固拒否。

 

せっかく家を出て6時間。

何か爪痕を残してやろうと、入水を覚悟する。

 

早速用意された「腰巻?」に着替え

足から徐々に水をかける・・・

 

それはもう「ビリビリする」なんてもんじゃないです。

ガツガツカキ氷を食べて頭キーンの感じが、水の当たる全ての部分に

 

平等に突き刺さる・・・

「やばいかも。」と思いつつ、隣で懸命に経を上げてくれている

 

住職のテンションも上がってきていることを感じ

スイッチが入る。

 

滝の下までガチガチ震えながら進み、いよいよ入滝。。

一度は真似をしたこともあるであろう、あの合掌のポーズが自然と出る(これ不思議)

 

最初の感想は 「痛い!」量とスピードでかなりの打撃に。

次に襲ってきたものは「息ができない!」それは、あまりの冷たさに。。

 

ここからがホントに面白かった。。。

あれだけ痛いし冷たいと思っていた水を感じなくなってきている。

 

気づいたら、隣で経をあげている住職のそれも無くなっている。

ましてや滝の音さえ聞こえていない事に気が付く。

 

どのくらい時間がたったのだろうか。

すごく客観的に自分のことを考えていた。

 

後で確認したら、ものの1分か2分とのことだったが

私には先程の座禅よりも長く感じたくらいだった。

 

いつの間にか、住職が目の前に立っていて

もう出なさいと促される。その際の掛け声は「オッケイ!!」だったと記憶している。

 

そこは日本語にして欲しかったのは私の偏見だろうか。

とにかく、先程脱いだTシャツにどれほどの”やさしさ”を感じただろうか。

 

少なくとも、色々な教えと共に”服のありがたさ”も知ることになった。

良かったかと聞かれたら今後はこう答えることにする。

 

『打たれてホントに良かったですよ』・・と。

 

皆様もチャレンジしてはいかが。

(自己責任でおねがいします)

 

 

www.jivejp.com

広告を非表示にする
株式会社 JIVE
新潟県柏崎市四谷1-4-26 2F
TEL 0257-23-0010 FAX 0257-23-0030
Copyright ©JIVE All Rights Reserved.