読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃいぶろぐ

楽天、アマゾン、Yahooなどの販売代行、アプリ・システム開発をしているJIVEの日々

今年のえんま市は、どんな?

柏崎の6月のお祭りといえば、「えんま市」!

いろんな所からやってくる出店と、お客。
総延長約2kmの距離に店がところせましと並んで、その道を人が歩く。
楽しみ方は人それぞれだが、だいたい…

 

 ・小学生までは「くじ」や「おもちゃ」の店が人気。

 ・中学生や高校生などは、カップル探しもしくは、デートの場。

 ・既婚夫婦はなつかしの顔を探す。

 ・おじいちゃんおばあちゃんは、夜は歩かない。
  昼間に行っておいしい物を買って帰るくらい。

人も多いから、押せ押せで歩く感じなのでじっくり店を見ることもできない。

でも、人見物としてみんな目を光らせてる。

小学生以下のお子さんがいる親は、子供のためにと3日間歩くはめに…
これは、体力も時間もお金もかかる事! 大変なのです!

お店の傾向

そう、毎年ちょっとずづ変わっている傾向があって、去年は「ふわふわかき氷」が人気だった。

それと、毎年人気なのが あるたこやき屋さん!名前は忘れちゃいました。でも市民プラザの前あたりにいつも店を出していて、行列ができるのです。

今はお好み焼きにしても、「広島風」とか色んな物が入っていたりバリエーションも豊富。

作っている所見ると、おいしそうでつい買ってしまう。そして、そこで食べるからおいしさもUP。

今年はどんなお店が並ぶかなー? 楽しみ。

これあると便利です(持ち物)

こういう人ごみ、買い物がある場合、こんな物を持っていくと便利です。

 ・おしぼり(ビニールに入れる)or濡れティッシュ

 ・袋

 ・キャスタ付きのかばん

 ・ペットボトル

 ・雨具

おしぼりは、食べ物を食べた手を拭くため。子供がいる人は特に必要です。
袋は子供が色々な物を買ったりしたときに入れるためでもあり、ごみを入れるためにも持ち歩こう。

えんま市の3日間のうち必ず1日は雨になる。だから雨具。

そして楽しもう

せっかくのお祭り、どうせ行くなら楽しもう!

このお祭りに参加できない方のために、後日報告しますね。

これを見たら来年は行きたくなるかも。

広告を非表示にする
株式会社 JIVE
新潟県柏崎市四谷1-4-26 2F
TEL 0257-23-0010 FAX 0257-23-0030
Copyright ©JIVE All Rights Reserved.